<NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト>木道の補修作業インターンシップに参加してきました

2018年11月8日

はじめまして。日本体育女子大学4年生の榎本です。

今回、10月13日と14日にNPO霧多布祖湿原ナショナルトラストさんにてインターンシップをしてきました。

毎年、この季節になるとハーゲンダッツさん、タカナシ乳業さんのCSR部門の社員さん方が集まり、NPOナショナルトラストさん主導で湿原の保全活動を行なっています。

今年は総勢約30名の職員が集まり、老朽化した木道の解体や、廃材撤去、新しい材の設置等を行いました。

 

<NPO霧多布ナショナルトラスト>

北海道浜中町にある「霧多布湿原」は「花の湿原」とも言われており、季節ごとに湿原の色を変え、浜中町に訪れる人を魅了します。

NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストでは、この霧多布湿原のもつ豊かさや価値を次世代にしっかりと引き継ぐべく、土地の買い取り、生態系調査、情報発信等によるファンづくりといった活動を行なっています。元々は有志による「霧多布湿原ファンクラブ」から始まったこの活動。1999年にファンクラブが発展的解散、その後2000年に設立されたNPO法人です。

 

<インターンシップ1日目>

 

 

ついに初出勤!湿原センターに到着し、トラストの職員まめしばさんによる、湿原センターのレクチャーを受けた後、14日に開催されるボランティア活動の準備手伝いを行いました。

今までずっと体育科に所属してきたので、“環境教育“活動はとても新鮮でした。浜中町の自然、そして霧多布湿原を保全することが、浜中町全体の一次産業を支える役割も担っている。「環境教育」と聞けば、ただ町外の人や子供達への広報活動、というイメージが自分の中で強かったものの、一次産業と生活が密に結びついている浜中町だからこそ、町の暮らしや自然といった様々な要素を繋げて、より俯瞰的に町のことを考えていく必要性があると感じました。

 

また、今回私はトラスト職員側でのインターンシップ、つまり、主催者側での参加だったため、イベントを行う時には事前に準備を行い、頭の中にスケジュールを叩き入れておかないと、参加する人にも迷惑を被ると思うと大変責任感を感じる仕事内容でした。

 

夜はペンションポーチさんにて、トラストの職員の方や次の日一緒に作業する一部の方も合流し、会食を行いました。ペンションポーチオーナー瓜田さんの奥様が作る夜ご飯は本当に絶品。実は、今まで牡蠣を食べたことがなかったのですが、蒸した牡蠣をいただいて、お気に入りになりました。

<インターンシップ2日目>

インターンシップ2日目、ついにボランティア作業本番です。

わずか150メートルの歩道づくりでも、古木を運び出し、土を耕し、また新しい木を運び、釘を打ち込む。体力には自信があったのですが、単純な作業とはいえ、一つ一つの工程を丁寧に行う必要もあり、大きな木材を運ぶ機会が多く、正直、筋肉痛になるくらいに大変でした。また、今年は震災の関係もあってボランティアに来た人の人数も若干少なく、時間がかかってしまいましたが、お互いにニックネームで呼びあいながら、和気藹々とした雰囲気の中で作業を進めました。

今までは、木道をなんとなく歩いていた自分。しかし、作業を通じて、これほどまでに人の労力が必要だったこと、時間が必要なこと、を考えるとこの霧多布湿原を楽しませてくれる木道をもっと外から来る人、そして地元の人も含め、大切にしていかなければらない、と使命感さえ湧いて来ました。

最後にはみんなで記念写真。終わった時、ただただ、やりきった感に溢れていました。疲れたけれど、一つのゴールに向かって役割分担の元、皆で作業を進めていく楽しさ。今回のインターンシップでは、ただ地元の人と交流するだけではなく、首都圏にいたとしても出会う機会はほとんどなかったであろう方々と交流することができ、本当に貴重な経験になりました。

私は浜中町に来たのは今回が初めてでしたが、このインターンシップを通じて、浜中町の様々な方と交流することができ、今度は、今回お世話になった方々に会いにくるべく、また浜中町に戻ってきたいと感じました。

私は「一期一会」という言葉を大切にしています。自分の身に起きる一つ一つの物事には、必ず良くも悪くも意味があって、今後の人生において何かしら役に立つ経験になると信じています。今回のインターンシップでも改めて、人との出会いというものは全く予測できないものですが、必然的につながるべく人と出会っているのだと思うほど強いご縁を感じました。浜中町の人々の温かさに触れ、とても良い思い出になりました。本当にありがとうございました。

EXPERIENCE REPORTインターン体験レポート

<NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト>魅力再発見!浜中町での”遊び”を考えるインターンシップ

<風と土のナベタカ>昆布漁作業のインターンシップを体験してきました

INTERNSHIP INFOMATION浜中町インターンシップ情報

昆布干しヘルパー

実施期間:平成31年6月10日~

昆布出漁時の昆布干し作業 ※昆布出漁時は昼食あり ※外国人不可